第16回青少年「やはた川自然公園」川開き
青少年委員会
【概 要】
日 時:2015年7月19日(日)
      午前10時〜午後3時
場 所:御調八幡宮・「やはた川自然公園」(三原市八幡町宮内)
参加者:広島大学附属三原小学校4年生
内 容:鮎のつかみ取り、川遊び、御調八幡宮の見学

【経 緯】
すばらしい自然環境の中で、青少年が自然に触れ合い親しむ機会を持つことにより、自然と共に生き生かされてきた日本人らしい感性を養い、また、郷土三原の良さを改めて認識する事を目的として2000年に第1回を開催する事に至る。

【協力団体】
後援 やはた川自然公園と御調八幡宮を愛する会


当クラブでは、7月19日(日)青少年奉仕活動として今年で16年目を迎える「やはた川自然公園」川開きを開催しました。広島大学附属三原小学校4年生約60名を対象に保護者・当クラブメンバー総勢200名が参加しました。この事業は、児童が自然にふれあい楽しむ機会を持つことにより、自然と共に生き、生かされてきた日本人らしい感性を養い、合わせて郷土「三原」の良さをあらためて認識することを目的としています。児童たちは、元気よく公園内を流れる八幡川に入り、放流された体長20センチのアユ約500匹を追っていました。岩場を探り捕まえるたびに、大きな歓声を上げて喜んでいました。そして捕まえたアユに自分で櫛を刺し、炭火で焼いて昼食を保護者と一緒に楽しみました。
その後、御調八幡宮の宝物館で、普段見ることができない、鎌倉時代の仏像彫刻など国の重要文化財を見せていただき、神主さんより説明を受け、郷土の歴史や文化を勉強しました。後日、例会で児童代表者に、この事業に参加した感想文を発表していただくことにしています。これからの時代を担う青少年に心に残るgiftになったと思います。 (文:勝村憲明)
やはた川自然公園 川開き

やはた川自然公園 川開き

やはた川自然公園 川開き

やはた川自然公園 川開き

やはた川自然公園 川開き

やはた川自然公園 川開き