ホルガ―・クナーク(ドイツ)2020-21年度会長はテーマに

 

【ロータリーは機会の扉を開く】を掲げています。

 

 また、2019-20年度のマローニー会長の方針を引継がれ、改革と成長を求め

中核的価値観(奉仕・親睦・多様性・高潔性・リーダーシップ等)を強く訴えら

れています。

 

 2020-21年度2710地区 脇 正典ガバナーの信条は、RI会長のテーマをもとに、

 「不易流行」〜楽しくなくてはロータリーでない〜

易わらない・変えてはいけないこと(不易)と、時代に合わせて変わる(流行)

を掲げられています。

 

本年度、三原ロータリークラブにおいては、国際ロータリー会長のテーマ並び

に地区ガバナーの信条にのっとり、目標を持った成長を求めるよう努めていま

いります。

 

 また、今年度は諸先輩方が培って来られました当クラブが、60年を迎えます。

本当に歴史と伝統を新たに学び、今後の活力としていきたいと思います。

 

 今年一年、会員皆様方の温かいご支援、ご協力をよろしくお願いします。

会長 保道 茂樹
2020-21 年度クラブ運営(活動)方針
クラブ運営(活動)方針