2019−20年度国際ロータリー会長マーク・ダニエル・マローニー氏は

 

ROTARY  CONNECTS  THE  WORLD

ロータリーは世界をつなぐ

 

をテーマに掲げられました。

 ロータリーの礎は「つながり」であり、私たちの奉仕活動は、同じ価値観を共有し、よ

り良い世界のために行動したいと願う人びとの結びつきをもたらします。

 また、ロータリーがなければ出会うことのなかった人たちとの「つながり」が世界中の

地域社会で人生を変えるような活動を行うことを可能にします。

 とのべられています。

 

2019−20年度 2710地区 晝田 眞三ガバナーは、

「ロータリーの未来を語り、礎を築こう」

をガバナー信条として提示され、運営方針のはじめに「会員基盤の強化」を掲げられてい

ます。

 

 三原ロータリークラブにおきましても、国際ロータリー会長テーマと地区ガバナーの信

条・方針を念頭に、当クラブの歴史と伝統に学び、新たな「つながり」から新たな「ロー

タリーの未来」へ向けてクラブ運営に努めてまいります。

 本年度は、地区財団活動資金(DDF)を活用し、対外的な奉仕活動を推進します。地域

社会から望まれている活動により「ロータリーの公共イメージと認知度の向上」を図って

まいります。

 会員の皆さまのご支援とご協力をよろしくお願いいたします。

会長 田坂 潤
2019-20 年度クラブ運営(活動)方針
クラブ運営(活動)方針